FC2ブログ
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 不祝儀袋*法事,会葬の表書き
  4. 法事,御会葬の表書き » 
  5. 不祝儀袋*法事,会葬の表書き
フリーエリア
ス ポンサードリンク

カテゴリー・不祝儀袋のマナーは社会人の常識です。

社会人として社会に出ますと、「冠婚葬祭」と呼ばれる各種の儀式や祭典に列席ししなければならない機会が多くなります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • Genre:

不祝儀袋*法事,会葬の表書き

不祝儀袋と云いましても、法事や御会葬の表書きや、水引きなどに色々としきたりがございます。
法事不祝儀袋の書き方、仏式会葬の不祝儀袋表書きなどの書き方について御説明いたします。


仏式の会葬でしたら、お金のおりには不祝儀袋の表書きは、「御香典」や「ご香料」と記入します。お金以外の物ですとか、花をお供えする時は、「御香華料」と書くようにします。品物をお供えするおりには「御霊前」と書かれると宜しいでしょう。


不祝儀袋の表書きの書き方は、なるべくならば新字体ではなく旧字体が(御香典=御香奠 仏前=佛前 )が良いとされていますが、どちらにしても楷書で判りやすく書きましょう。

正式には毛筆で書きますが、最近は便利な筆ペンなどがありますからそれらの利用も可能です。しかし、慶事の際には濃い墨でしっかりと書きますが、不祝儀の際には薄墨で書くようになっています

四十九日以降にお供えする場合にお金でしたら「御佛前」書きますが、通夜にお供えする場合は「御悔」と書きます。


仏式と神式両方の法要に共通して用いることが出来る表書きに「御供物料」があります。また、仏式、神式、キリスト教式でも用いることが出来る表書きに「お花料」「御霊前」の表書きがあります。


仏式法要の不祝儀袋の表書きは「御佛前」となり、神葬祭であれば表書きは「御玉串料」「御新饌料」が使用されます。

卒塔婆をお願いした場合などは「御塔婆料」という表書きがしようされますが、意外と思われるかも知れませんが、お墓を立てた際やお仏壇の開眼供養の場合には「御祝」というのし袋の表書きとなります。


※熨斗(のし)のついていない袋が慣用でのし袋と表記されている場合があります。


Page Top

不祝儀袋のマナーの記事一覧

不祝儀袋の表書き。香典のマナー、中袋の書きかた。冠婚葬祭のマナーについて。

フリーエリア
リンク

このブログをリンクに追加する

 香典返し・挨拶状
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。