1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 不祝儀袋のマナー
  4. 不祝儀袋:しきたりと作法 » 
  5. 不祝儀袋のマナー
フリーエリア
ス ポンサードリンク

カテゴリー・不祝儀袋のマナーは社会人の常識です。

社会人として社会に出ますと、「冠婚葬祭」と呼ばれる各種の儀式や祭典に列席ししなければならない機会が多くなります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • Genre:

不祝儀袋のマナー

不祝儀袋のマナーにしても、ご祝儀袋の書き方や「しきたり」は、大変戸惑うことが多いものです。

社会人になりますと、冠婚葬祭の機会も増えて、
今までのように年寄り任せではいられなくなります。

不祝儀袋のマナーと云っても、用いる事が年中あるわけではありませんから、
その都度、不祝儀袋の表書きの書き方やお金の入れ方、中袋の書き方など気になります。


  [不祝儀袋のマナーは地域・宗教によって異なります]

不祝儀袋のマナーや、いわゆる「しきたり」は厄介なことに、
地方性があり地域によって決り事が異なってくることです。

さらに宗教、宗派によっても不祝儀のマナーは異なりますから、
数少ない経験を全ての常識と決め付けずに、相手方の立場を考えてマナーが必要になってきます。


■不祝儀袋について

不祝儀袋の種類は、宗教、宗派によって違いますので要注意です。
まずは、仏式、神道、キリスト教など宗教で異なるということを確認しておきましょう。

[仏式の葬儀]
不祝儀袋は、包んだ金額に相応しくなければマナー違反です。
立派な袋は、お香典を1万円以上包む時に用いるとされています。
金額が5千円程度までなら、水引が印刷されている不祝儀袋でも構わないようです。

(表書きの書き方)
・御霊前
・御香典(御香奠)
・御香料など

※浄土真宗は葬儀でも表書きは「御仏前」となります。


[神式の葬儀(神葬祭)]
神道での不祝儀袋は、水引は白か銀、黒白の結びきりの無地の袋を使用します。

(表書きの書き方)
・玉串料
・御榊料

[キリスト式の葬式]
白無地の袋でもよいようですが、花(ユリ)と十字架がプリントされたものが多く、水引は不要です。

(表書きの書き方)
・御花料  ⇒カトリックにも、プロテスタントにも用いられます
・御ミサ料 ⇒カトリック
・忌慰料  ⇒プロテスタント


関連記事:神道 神葬祭の法事 
関連記事:香典の包み方


Page Top

不祝儀袋のマナーの記事一覧

不祝儀袋の表書き。香典のマナー、中袋の書きかた。冠婚葬祭のマナーについて。

フリーエリア
リンク

このブログをリンクに追加する

 香典返し・挨拶状
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。