1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 不祝儀袋 お布施(僧侶へのお礼)
  4. お布施(僧侶へのお礼) » 
  5. 不祝儀袋 お布施(僧侶へのお礼)
フリーエリア
ス ポンサードリンク

カテゴリー・不祝儀袋のマナーは社会人の常識です。

社会人として社会に出ますと、「冠婚葬祭」と呼ばれる各種の儀式や祭典に列席ししなければならない機会が多くなります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • Genre:

不祝儀袋 お布施(僧侶へのお礼)

不祝儀袋 お布施(僧侶へのお礼)はさまざまな不祝儀の場面であります。通夜や葬儀に、或いは法事など読経・供養をお願いした時の僧侶へのお礼を「お布施」といいます。不祝儀のマナーとして「お布施」と、「僧侶へのお礼」との相違を心へておきましょう。

お布施の金額の相場も、どのくらいにするかは難しい問題です。宗教や地域によっても違いますし、お寺の格、それに喪家の経済事情によっても異なってきます。建前は施主の「志し(気持ち)」と云うことになっているからです。

「不祝儀袋のマナー」の今回は僧侶へのお礼「お布施」の意味と表書きの書き方についてのご紹介です。

◆お布施(不祝儀袋の書き方)・僧侶へのお礼の表書きのいろいろ
僧侶を招かれて、葬儀・先祖供養などを行う場合は、お布施とお車代を包むしきたり(マナー)です。
・不祝儀袋は白無地のものか、或いは白い封筒を使用しましょう。
・不祝儀袋の表書きは「御布施」と「御車代料」となります。
・お布施の金額の目安は菩提寺に相談されるとよろしいでしょう。

■お布施の正しい趣旨と意味

お布施は僧侶への謝礼ではありません。近年では、マナー読本の書籍などでさえ、お布施は「読経料」「供養料」で僧侶への謝礼金(お礼)であるとしているものも少なくないようですが、大きな間違えです。

お布施とは、お寺の御本尊さまに真心を込めてお供えさせて頂くものなのです。神社の「初穂料」なども神さまへ奉納しているのです。

お布施は、僧侶からお寺の御本尊さまにお供えしていただくのです。お寺さんはお布施・喜捨で寺院経営をして、寺を、檀家の先祖を守り、菩提を弔っていくのです。

■御車料とは
お布施と異なり、こちらは僧侶宛のものになります。

■不祝儀袋の表書きの書き方
・お布施、車代の不祝儀袋は白無地ですが、白い封筒でも差し支えありません。
・不祝儀袋の表面の上部中央に「御布施」、車代は「御車料」と縦書きになります。
・依頼者の氏名は下部中央に記入します。
・金額は裏面下部に算用数字で構いませんので横書きで記入します。
・卒塔婆代が必要な際は「御塔婆料」という表書きします。


お香典の詳細はこちらから⇒香典 書き方と香典袋



Page Top

不祝儀袋のマナーの記事一覧

不祝儀袋の表書き。香典のマナー、中袋の書きかた。冠婚葬祭のマナーについて。

フリーエリア
リンク

このブログをリンクに追加する

 香典返し・挨拶状
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。