1. Top » 
  2. 2009年09月
フリーエリア
ス ポンサードリンク

カテゴリー・不祝儀袋のマナーは社会人の常識です。

社会人として社会に出ますと、「冠婚葬祭」と呼ばれる各種の儀式や祭典に列席ししなければならない機会が多くなります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • Genre:

香典 渡し方(持参する時期)

香典の渡し方と持参する時期はいつなのでしょうか?

訃報を聞いて、弔問に駆けつけた際に持参するのは香典の渡し方としてマナー違反です。
遺族は嘆き悲しんでいる最中ですから礼儀に失しますし、亡くなる前から準備していた様にさえとられかねません。

お葬式が遠方であるとか、様々な事情で参列できない場合には、お香典を郵送することは許されていますが、速やかにお送るようにして、郵送であっても、お悔やみの言葉はもちろんの事、参列できないお詫びの一文を添えるとよろしいでしょう。

※葬儀の後で知った場合
訃報を知らされたのが葬儀後の場合には、出来れば、故人宅までお伺いして、直接持参するのが好香典の渡し方のようです。

◆香典の渡し方・出し方・袱紗(ふくさ)に包みについて

■渡し方と時期
香典は、通夜・葬儀のどちらかにお渡しするのが一般的です。どうしても通夜にも葬儀にも参列が不可能な場合には、先述のように後日、故人宅をお参りしてお渡しするか、香典を先述のように現金書留で郵送することも可能です。

(香典を渡すタイミング)
・受付などで会葬者芳名帳を記帳する際に渡すのが基本です
・通夜で受付がない場合は、礼拝のときにご霊前にお供えします(遺族に直接手渡ししても可)

香典を受付に差し出す時には、袱紗(ふくさ)から香典を取り出し 香典袋に書かれた名前を相手側に向け、受付をされている方にお悔やみの言葉を述べてお渡します。

※ご遺族を煩わせることは避けるのが、香典ならびに葬儀における基本マナーですから、長々と話し込むことは慎みましょう。

■香典の渡し方・袱紗(ふくさ)包み

香典袋は厳粛なものですから、汚れたり、折れたりしていては礼に欠けます。
ふくさに包み、直に素手で持たないようにしましょう。
※香典を包む袱紗(ふくさ)の色は、黒、緑、青色などが弔事の場合です。

(香典に新札を使う?)
香典のマナーとして、昔は新札を包むことを忌み嫌い避けていました。
香典が新札であることは、臨終を待って準備していたようでもあり礼に欠けるとされていたからです。

現代では新札の香典が絶対に相応しくないと考えられてはいないようです。
どちらかと云えば、古いお札の方が失礼ではと考える方が少なくないようです。
折衷案で、新札に一度折り目をつけ、それから包むという方法もあります。

※香典や供花や供物を受取らない喪家の意向による葬儀の場合には、喪家の意向を尊重しましょう。

関連リンク:不祝儀 金額の相場



スポンサーサイト

Page Top

不祝儀袋のマナーの記事一覧

不祝儀袋の表書き。香典のマナー、中袋の書きかた。冠婚葬祭のマナーについて。

フリーエリア
リンク

このブログをリンクに追加する

 香典返し・挨拶状
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。