1. Top » 
  2. 火事見舞い/災害見舞い表書き
フリーエリア
ス ポンサードリンク

カテゴリー・不祝儀袋のマナーは社会人の常識です。

社会人として社会に出ますと、「冠婚葬祭」と呼ばれる各種の儀式や祭典に列席ししなければならない機会が多くなります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • Genre:

火事見舞い・災害見舞いの表書き

火事見舞い 災害見舞い表書きの書き方。災害があったときには、幸いにして、そのような災いに遭わなかった立場として、被災された方々には見舞い金だけではなく、真心で勢一杯の手助けが出来るといですね。

火事見舞い、災害見舞い、地震見舞いなど、生活をしていれば色々な災いが尽きることがありません。

幸いにも、そのような災いに遭遇しなかったのは運が良かったとしか云いようがありませんよね、明日は我が身に降りかかって来るかも知れません!

「御見舞い」を差し上げる時期ですが、相手の方も動転していますから、被災後少し落ち着いてからにした方が宜しいでしょう。

親しい知人、友人、親戚など近縁の方が自然災害や火事などに被災されたときにはは、まずは駆けつけて顔を見せるべきでしょう。相手の方はどれだけ心強く感じるでしょうか!そして手助けが必要です。しかし、手助けが押し付けがましくならないように注意されてください。
 

お見舞金は白い封筒に入れて贈ります。
水引   ~結び
見舞い袋~白い封筒

【災害見舞いの表書きの書き方】
・火災(出火)御見舞い ⇒本人の家が火事になった時の書き方。
・類焼御見舞い     ⇒他人の火事で自宅が被害を受けた方へ。
・近火御見舞い     ⇒近所の火事で火災の被害は無いが火事騒動を受けた方へ。
・災害御見舞い     ⇒自然災害を受けた方への表書きの書き方。

・地震御見舞い     ⇒地震で被害を受けた方への表書き。

○災害見舞い金の相場
悩まれるところですが金額の目安は一般的に、
・親子           ⇒10,000~30,000円
・御親戚の場合     ⇒5,000~10,000円
・御近所         ⇒ 3,000~5,000円
以上が相場と云われますが、あくまでも目安は目安であって、日頃のお付き合いの比重によって大きく左右されますし、地域、地域の取り決めなどもありますから、ケースバイケースで考えられるべきでしょう。

不祝儀袋のマナーですが、火事見舞い 災害見舞い表書きの書き方も大事ですが、やはり、うわべではない心からの心配、思いやりが大切ですね。


Page Top

不祝儀袋のマナーの記事一覧

不祝儀袋の表書き。香典のマナー、中袋の書きかた。冠婚葬祭のマナーについて。

フリーエリア
リンク

このブログをリンクに追加する

 香典返し・挨拶状
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。