FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 不祝儀袋の選びかた
フリーエリア
ス ポンサードリンク

カテゴリー・不祝儀袋のマナーは社会人の常識です。

社会人として社会に出ますと、「冠婚葬祭」と呼ばれる各種の儀式や祭典に列席ししなければならない機会が多くなります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • Genre:

不祝儀袋の種類と表書きの書き方

不祝儀袋のマナーには袋の種類、水引きの結びかた、表書きの書きかたと色々な作法があります。
不祝儀袋の表書きの書き方は、相手方の宗教ににより違ってきますから相手方の宗教が不明な場合は確認された方が無難です。

もしも分からない時は、「御霊前」の不祝儀袋を用いることです。
「ご霊前」と書く書き方は、宗教に関係なく、ほとんどの弔事に使える「表書」きになっています。不祝儀袋の表書きの書き方として覚えておくと便利な表書きです。

表書きに書き込むお名前は「薄墨」で書くのが正式です。
金額を中包みの表側中央に書き込み、裏側には必ず住所氏名を書き込むことを忘れないで下さい。


すでに御存知の方も多いでしょうが、「のし袋」の「のし(熨斗)」について簡単にご説明いたしますと、祝儀袋の右上についている折形のことを「熨斗」と云います。本来は、あわび(貝)を薄く伸ばしたものを「肴も添えてお贈りします」という誠意を表すために用いたものだと云われています。


昔から、肉食を忌む仏教ですから、弔事(ちょうじ)に、動物性であるアワビの「のし」は用いないのが決まり事になっています。



また、不祝儀袋の水引きについてご説明いたしますと、水引きは不祝儀の場合、本数を偶数にして、一般に黒白、白銀、銀のみ、白のみを使うしきたりになっています。また、二度と繰り返さないという意味合いを込めて、結び切りの結びかたになっている水引きを用います。


のし袋(熨斗袋)の種類


スポンサーサイト

Page Top

不祝儀袋のマナーの記事一覧

不祝儀袋の表書き。香典のマナー、中袋の書きかた。冠婚葬祭のマナーについて。

フリーエリア
リンク

このブログをリンクに追加する

 香典返し・挨拶状
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。