1. Top » 
  2. 香典返しのマナー
フリーエリア
ス ポンサードリンク

カテゴリー・不祝儀袋のマナーは社会人の常識です。

社会人として社会に出ますと、「冠婚葬祭」と呼ばれる各種の儀式や祭典に列席ししなければならない機会が多くなります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • Genre:

香典返しのマナー

香典返しのマナーとしても、色々と「しきたり」があります。

香典返しとは忌明けの報告と、お香典のお礼に品物を贈ることをいいます。


※香典返しのマナーでは、四十九日の忌明けの法要後に香典返しをするしきたりです。
  

[香典返しの時期]

・一般的には、忌明けの当日から1ヶ月以内に行うのが通常です

※諸事情により忌明けが長びくケースもあります
・忌明けまでに3か月かかる場合
・年を越してしまう場合

・上記の場合には、忌明けを待たず三十五日を忌明けとして、香典返しだけを行う場合があります

 
香典返しのマナーも、多忙な現代では変化が見られ、合理的に手間を省くためでしょうか、葬儀当日に「お返し」してしまう「当日返し」が増える傾向にあります。

香典返しを忌明けの日時を気にすることなく行えるということで「当日返し」が受け入れられているようです。

また初七日の日に返すケースも少なからず見られます。

※香典返しに対してのお礼状は出さない「しきたり」マナーとなっています。


[神葬祭・キリスト教の香典返し]

キリスト教や神式葬儀では、本来は仏式と異なり「香典返し」のしきたりはありませんでしたが、
仏式での影響からか「香典返し」が最近では一般的となっているようです。

※神式葬式の場合
三十日祭、または五十日祭の後に香典返しを行うのが一般的です。

※キリスト教の場合
召天記念式(1か月後)の後にお返しをするのが一般的です
  


[香典返しの相場]

お香典の、金額の3分の1ぐらいを目安であると昔から云われてきています。
香典返しの品物を、この金額内で選べば無難でしょう。

お返しを郵送する場合には、必ず挨拶状を添えて送りましょう。


のし紙の水引は黒白結び切りが一般的ですが、黄白、黒白、黄の地方もあります。

香典返しには、このように弔事用のし紙をかけて上部中央に「志」と表書きします。
※この表書きは宗派を問わず、一般的には共通です。
 但し、「明け」「満中陰志」「粗供養」「偲草」などと表書きする地方もあります。

表書きの下部中央には、喪主や差出人の名前を記入すのが一般的です。


関連記事:香典の金額と包み方   




スポンサーサイト

Page Top

不祝儀袋のマナーの記事一覧

不祝儀袋の表書き。香典のマナー、中袋の書きかた。冠婚葬祭のマナーについて。

フリーエリア
リンク

このブログをリンクに追加する

 香典返し・挨拶状
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。